書籍

事実と感情の分離を叶える、バレットジャーナル式日記の書き方

こんにちは、しょーいです!

先日、「デジタルノートをお休みする」という話をしました。

有料デジタルノートを使ってきた私が一時停止を決めた理由

こんにちは、しょーいです! 皆さんは思考の整理や記録にどのようなツールを使用しているでしょうか? 私は今のところ、Notionと紙ノートを併用していますが……   実験的にメインツールを紙に ...

続きを見る

 

そこで知人からおすすめされたのが、”バレットジャーナル”。

手書きのデメリットである「時間がかかる」を克服するため、

箇条書きで記録する手帳術です。

 

そこでライダー・キャロル『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』を読み始めました。

読み進める中で、グサリと響いた一説がこちら。

人間の記憶力は、あてにならない。だから自分が実際に経験したことであっても、不正確に記憶したり、偏見を持って覚えていたりする。研究によれば、ある出来事を体験したときの実際の感情と、後からそのことを思い返したときの感情とは、大きく異なるそうだ。

極端な言い方をすれば、

記憶っていつの間にか書き換えられてしまうものなんですね。

事実だけを記録する

事実を自分の都合に合わせて解釈すると、人との会話が成立しません。

言った、言ってない……

やった、やってない……

オマエが、アイツが……

だから、起きたできごとの記録が大事になります。

 

一方で、感情は書き換わっても良いんですよね。

感情が不変のものだと、

哀しみを感じるたびに引きずって蓄積して、うつ病まっしぐらでしょう。

あるいは、怒りを感じるたびに火種が溜まって大爆発……とか。

 

事実は記録する、感情は記録しない。

これが一つのコツみたいです。

感情を記録しすぎると今を生きられない

で、私はといいますと。

10年ほどデイリーログや日記を続けてきましたが……

 

相当数の感情を記録していました!

 

「感動を失いたくないから」と考え、

できごとと感情をセットで記録するのが常だったんです。

 

記録とはゲームでいうところのセーブポイント。

感情も記録するということは、今がどんなにゴキゲンだったとしても、

日記を読んだ瞬間に過去の感情に引き戻されてしまいます。

実例:日記を読めなくなって捨てた

実際の話です。

私は人生で最高に辛かった時期もご丁寧に日記をつけていました。

 

客観的な記録としての日記なら良かったのでしょうが、

苦しい、つらい、悔しい、許せない……

という鬱々とした感情まで記録していたため、

それらもセットで呼び起こされる代物に。

 

しょーい
まさに、呪いの装備!

 

人生最悪の時期の感情を記録しているなんて、ゲームで例えるなら

 

もう戻れないラストダンジョンでラスボス直前に上書きセーブしてしまった

 

ぐらいの大惨事ではないでしょうか。

理想のログは事実と感情の分離

今は「良いこと、前向きに反省できることだけ」ノートに書くようになりました。

一方、つらい感情や不愉快なできごとは

トイレットペーパーに書いて文字通り水に流しています(笑)。

 

ただ、現状の方法だと、振り返りや反省が

「自分に都合が良いもの」

になりがちだったんですよね……。

 

その点、バレットジャーナル方式の

「事実だけを記録する」

は、耳の痛い指摘や失敗もきちんと記録できてよさそうです。

 

「事実を記録する、感情は記録しない」を徹底したとしても、

書くのも読むのも自分一人である以上、完全な客観性を保つのは難しいです。

 

とはいえ、一時の感情を記録しない分、

過去の感情に気持ちを支配されずに読み返せます。

 

普通の日記を読み返すのがつらいという方は

バレットジャーナル式デイリーログ、一緒に試してみましょう♪

参考図書:

-書籍

© 2022 毎日しょースタート Powered by AFFINGER5