雑記

行楽地はどこも混雑! 人混みのイライラを軽くする方法2つ

こんにちは、しょーいです!

 

ゴールデンウィーク(以下GW)、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

私は子どももいるので近場の行楽地へお出かけしましたが……

 

しょーい
どこも、混雑!!

 

いや、緊急事態宣言のないGWなんて数年ぶりなので無理もないんですけど……。

 

行楽地が混雑しているとなると、避けられないのが人混み。

私も含め、人混みが苦手という人は多いですよね。むしろ一般的な感覚……のはず。

今日は人混み疲れを軽くする方法についてお話しします。

人混みそのものより、感情の伝染がつらい

突然ですが、グレッグ・マキューン『エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する』にぴったりのエピソードがあったので引用します。

「第3章 RELEASE 頭の中の不要品を手放す」より、交通事故に遭い妻と二人の娘を失った男性のエピソードです。

一つは、その瞬間に生まれた怒りと苦しみを背負い続ける未来だ。(略)苦しみは生き残った息子たちにも伝わり、心に癒えない傷を残すことだろう。

生き残った二人の息子のうち一人は事故に遭っていませんが、それでも「苦しみは伝わる」というのがポイントです。

 

普段は気にも留めませんが、感情ってうつっていくんですよ。

周りにうつすこともあれば、周りからもらうこともあります。ウイルスと一緒。

 

人混みって周りは人だらけですよね。しかも待ちくたびれてイライラしている人も少なくない。

つまり、普段以上にイライラしてしまうのは、多かれ少なかれ周囲の影響があるということです。

感情の伝染を断ち切る方法

ライブの興奮とかイベントの一体感とか、良い方向の伝染は喜ばしいです。

でも、人混みや渋滞のようなイライラの伝染は食い止めたいですよね。

特に家族や友人が一緒の楽しい行楽ならなおさら!!

 

そのために私も実践している簡単な方法を2つ、ご紹介します!

1. コンセントを抜くイメージ戦略

人の感情がうつるというのは、他人と導線がつながっているようなもの。

自分から延びたコンセントが、半径3mくらいのすべての人にささっているイメージです。

このコンセントを……

 

全部(イメージで)物理的に抜く!!

 

マルチタップで切替スイッチポチッでも良いんですけど、イメージが弱いので私には効果なかったです。

2. 困っている人を助ける

イメージ戦略は訓練と慣れが必要ですが、即効性があるのは「困っている人を助ける」こと!

 

イライラするということは、自分の感情に目が向いている状態。

それを強制的に外に向けるのです!

 

「これだけ混んでいると困っている人いないかな~?」くらいの軽いノリできょろきょろしてみましょう。

迷子の放送を聞いたら該当する子どもを探してみるとか

落とし物があったら目立つ場所に置いたり、拾得物として届けたりとか

 

私も今日は迷子で泣いている子どもを発見しました。

自分の子どもを見るのに精一杯とか、叱られている子どもに見えなくもなかったりとか、さまざまな理由で放置されがちです……。

自分の内側に浸っていると感情も増幅しがちですが、具体的な行動を心がけると気分もフットワークも軽くなります!

 

大型連休もまだ続きます。混雑でイライラしがちなシチュエーションにぜひお試しください!

-雑記

© 2022 毎日しょースタート Powered by AFFINGER5