雑記

親子で1時間も早く寝られる方法を見つけてしまった……! 「絶対やる」こと以外をやめるだけ

こんにちは、しょーいです!

私が愛用する時間管理ツールに『Task Chute Cloud』というものがあります。

以下の特徴があります。

  • タスクにかかる時間を記録して時間を見える化できる
  • 毎日行う行動(睡眠、身支度、通勤など)は繰り返し設定ができる
  • あらかじめ見積もり時間を入れられる

ただ……長年使っていると、繰り返し設定が累積していました。

やることを「あれもこれも」と足し続けた結果、やることが膨大になり優先順位を考えないといけない有様。

 

タスクシュートの良さの一つである

考えずに上からやっていく状況を作って、思考力をセーブする

利点を完全に殺してました。

 

本日はタスクシュートのルーチンから「やめる」行動を選び取りたいと思います。

日々のタスクとは何か

初期状態は、睡眠を含めた日々のタスクが54個。

内容を3つに大別しますと

  • 絶対やらないといけない「家事」「仕事」
  • 習慣的にやりたい「インプット」「アウトプット」
  • 子どもとの時間

「子どもとの時間をタスク扱いするとは何事か!」という声がどこからか聞こえてきそうですが、理由がちゃんとあるんです。

子どもとの時間をタスクとして捉える理由

「平日は毎日2時間くらい、一緒に遊んだりお世話しているな」

と決めたり計ったりして、最初から「この時間はもう埋まっている!!」ものとして扱うわけです。

言い換えれば、優先したいからこそタスクの一つとして可視化しています

3つの「やめる」基準

話を戻しまして。

以下3つの基準でルーチンタスクを見直しました。

  • 必ず実行しているわけではない
  • 負担を感じている
  • タスク化しなくてもやりたい

見直し基準の解説は明日の記事に先送りします。タスク化しなくても書きたいので(笑)。

結果は……7個減らして47個!
少ない、とお思いでしょうか。

しかし時間にすれば1時間19分。計算上ですが、毎日1時間以上の余裕が生まれます

しょーい
21時就寝からの7時間睡眠が現実味を帯びてきました!

 

あとは実行できるかどうか……結果をお楽しみに!

-雑記

© 2022 毎日しょースタート Powered by AFFINGER5