雑記

時間をつくるには何かをやめるしかない、けど……

こんにちは、しょーいです!

Kindleセールだったので、尾石晴さん『「やめる」時間術』を購入してサクッと読みました。

「やりたいこと」には2種類あった!?

新年度だし、タスクとやりたいことの整理をしてみたら

1日48時間欲しいー!!

と叫びたいレベルの分量になり、これは厳選する必要があるぞ……と思った矢先に目に入りました。

さすがAmazonのAI。

「やったらいいこと」はこの世に無数にあります。時間が無限にあるなら、やったらいいことを全部やってもいいのですが、「やったらいいこと」を衝動的にやっていると、本当にやりたいことに使う時間がなくなってしまいます

(中略)

「やりたいことが多すぎる」という人は、その行動に衝動が混じっていないか今一度確認してみましょう。

 

「やりたいことが多すぎる」という人……これ私だわ。

衝動が混じっているから積みゲー&積ん読が増えているとも言えるのかもしれません。

いや、愛の証でもあるので満足はしているんですけど……。

 

世の空気を読まないのも1つの時間術

本書の内容とは関係なく、時間の使い方について思ったことをつらつら。

世の中の表に出ている人の時間術でよく聞くのは

  • 睡眠を削って働いた
  • 家事外注をフル活用した
  • 家事家電に投資した

……などなど。もう耳タコ案件ですね。

ただ、今の常識では難しいこともある。

  • 睡眠を削るのは健康にも生産性にも悪影響だし
  • 家事外注だって部屋に他人を入れたくないとか事情があるし
  • 家事家電はとっくに導入済み

というのが普通のワーママが感じるところではないでしょうか。

「これだけ工夫しているのにしんどい」
「どうして上手くできないんだろう」

ハイレベルな(人によっては見せるための)時間の使い方をする人が目について、ストレスになっているのが大きな原因ではないでしょうか。

私も会社員時代の職場では「時間の使い方すごい!」と言われていましたが、自分の時間の使い方に満足できたことなんてなかったですし、
Twitterやワーママ向け雑誌を見ては「もっと上手くやりたい……」と落ち込んでばかりでした。

比べる目より感じる肌が欲しい

他人の工夫と比べてしんどくなっていないか?
昨日の自分よりは上手になっているんじゃないか?

時間術とかテクニックとかを集めるのは一旦休止して、

  • 目の前の食事を味わって
  • 雨の匂いを感じて
  • 響く靴音に耳を傾けて
  • 子どもの転んですりむいた膝をなでて

五感を働かせるのを後回しにしているから帰って苦しいのかも。

そんなことを考えました。

 

 

本日読んだ本はこちら↓

-雑記

© 2022 毎日しょースタート Powered by AFFINGER5