翻訳

久々の手書き写本で気付いた、タイピングに頼って執筆するデメリット

こんにちは、しょーいです!

習慣を見直したり、「やった方が良いこと」を絞り込んで少しずつ時間ができてきました。

長年の習慣をやめたら時間にも心身にも余裕が生まれた話

こんにちは、しょーいです! おとといから時間を作るには「やめる」しかない、という話を続けています。 今日は5年以上長らく続けていた習慣を手放したので感想を。 目次1 美しい部屋づくりで健康を害する?1 ...

続きを見る

今日は少し余裕がありそうだったので、約1ヶ月ぶりに日本語力向上のための写本をしました!

久々に行って改めて感じた”手書き写本のメリット”を本日はお話しします。

写本で感性を磨く、けど時間がかかる

写本のメリットはざっとこんな感じ。

  • ことばの表記に敏感になる(例:おすすめ/オススメ/お勧めなど)
  • 句読点を打つタイミングに敏感になる
  • 筆者の呼吸と同調できる

ただし……写本は時間がかかります!

タイピングでも時間がかかるのに、手書きでさらに時間をかける。
よくもまあ自分の首を絞めたものだと思います。

今日は2600字を手書きして1.5時間でした。書くだけです。

しょーい
実際は文法と単語を確認すること計2時間……。

 

手書きというさらに時間がかかる行為をして何になるというのか。

個人の感想レベルですが……

 

ことば一つひとつへの注意力が高まりやすい!

優秀すぎる予測変換機能に思考力を奪われていた

実は、タイピングの意外なデメリットが変換ミスやタイプミス

最近の変換ソフトは学習機能が優秀すぎて、自分の手癖を見事に再現してくれます。

そう、自分で表現を考えない!

省力化とも言えますが、裏を返せば違和感センサが麻痺しやすいのです……。

しょーい
学習効果も半減です。

辞書をもっと日常に

ことばへの完成を高める方法として手書き写本は有効ですが、前述のように時間がかかりすぎます。

短時間で、かつ習慣化して継続しやすい方法は辞書の活用!

辞書愛あふれる専門家の方々による辞書セミナーが不定期開催されます。

レポ記事があるので参考にしてみてください。

フリーランス翻訳者1年目の私が『翻訳フォーラム式辞書デー2022』に参加しました!

こんにちは、しょーいです! 2022年1月29日(土)、『翻訳フォーラム式辞書デー2022』に参加していました。 具体的な内容は、翻訳フォーラム公式ブログやTwitterまとめをご覧ください。 翻訳フ ...

続きを見る

見逃し・復習にもどうぞ! 『翻訳フォーラム式辞書デー2022』詳細レポ

こんにちは、しょーいです! 翻訳フォーラム・イベント企画担当の深井裕美子さんから、「有料セミナーだけど内容書いちゃってOKです!」的な許可をいただきました! 翻訳フォーラムの皆様には毎度頭が下がります ...

続きを見る

-翻訳

© 2022 毎日しょースタート Powered by AFFINGER5